たとえ保育士としてのブランクがあっても大丈夫!

以前よりは改善されつつあるものの、待機児童問題は依然として重要な問題の一つです。そんな中各自治体や保育施設が注目しているのは、保育士の資格を持っていながら保育の現場で働いていない潜在保育士の存在です。潜在保育士の中には保育士としてのブランク期間があることが原因で職場復帰をためらっている人もたくさんいます。しかし、採用者はブランク期間があること自体をマイナスと捉えているとは限りません。保育士の仕事のメインとなるのは当然子供たちとの関わりですが、他にも、パソコン技術や社会人としての知識やマナー、コミュニケーション能力などが必要となってきます。これらのスキルは新卒の保育士よりもブランク期間中に社会経験をした人の方が優れていることも多く、ブランク期間中にどのような経験を積み重ねてきたかをアピールすることで、面接を有利に進めることも可能となります。

保育の現場では様々な経験を活かすことができます

保育の現場での仕事内容は子供たちの世話をするばかりではなく、様々な仕事をする必要があります。保護者からの質問やクレームに対応する保護者対応も、保育士の重要な仕事の一つと言えます。保護者対応は一つ間違えれば保護者との信頼関係を崩壊させてしまう危険性もある神経を使う仕事ですが、自身の経験を活かすことのできる仕事でもあります。例えば、自分自身が子育ての経験がある場合、保育園側の立場として話を聞くだけではなく、子供を持つ親の立場からも話を聞くことができるからです。保護者にとっても自分と近い立場の保育士に親身になって話を聞いてもらうことができれば、保育園に対する信頼度も大きくなることでしょう。

保育士の求人を大阪で申し込むことで、人それぞれの経験や能力に応じて、希望のジャンルの仕事を見つけることができるというメリットがあります。

お問い合わせ